本文へスキップ

英会話カフェ Cafeliz(カフェリス)は、フランス語、スペイン語、中国語カフェも実施。東京池袋駅から徒歩3分。英語、フランス語、スペイン語、中国語など外国語を話したい方が集うチャットラウンジです。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5927-8179

東京都豊島区南池袋2−24−3 西部ビル4F(池袋駅徒歩3分)

日本人と異なる外国人のコミュニケーション

外国人との会話を楽しみたい、海外旅行を計画しているといった理由で英語を学ぶ方は多いです。しかし、日常会話ができるレベルまで上達したとしても、必ずしも外国人と上手くコミュニケーションが取れるわけではありません。その理由としては、価値観や考え方が日本人と外国人では大きく異なっていることが挙げられます。こちらでは日本人と異なる外国人のコミュニケーションについて説明しています。


日本人の国民性について

勤勉や謙虚といった言葉は、日本人の国民性としてイメージされることが多いです。勿論このイメージは悪いことではないですが、海外ではこの国民性が短所となる場合があります。英語圏では謙虚さよりも自己主張を重視しており、本音と建前といった考え方が存在しないのです。

日本は本音と建前の国でもあるので、日本人同士のコミュニケーションでは遠慮していたとしても、相手が欲しいと思っていることを理解してくれることが多いです。英語圏の場合であれば相手が発した言葉を直接受け取るので、欲しいと考えることとは違う返答をされるのです。

ボディランゲージの必要性

日本語と英語では根本的な違いが数多くありますので、外国人とのコミュニケーションではボディランゲージも必要になります。日本語での一人称は自分、私、僕、俺などいくつか種類があり、個性や特徴を表現することができます。英語の場合は一人称の種類が日本語よりも少ないので、言葉だけを受け取ると個性を感じることが難しいのです。しかし、ボディランゲージを使えば、顔の表情や身振りなどで個性を出すことができます。その為、外国人とのコミュニケーションではボディランゲージの活用も重要な要素です。

英会話力も外国人とのコミュニケーションで欠かせない要素ですが、上記のポイントも覚えておくとよりコミュニケーションが円滑になります。東京の池袋で気軽に利用できる英会話教室をお探しの方は、英語カフェのカフェリスをご利用ください。池袋駅から近く、いつでも気軽に利用できる英会話教室となっていますので、英会話スクールのような型にはまった英会話が苦手な方におすすめです。また英語教室だけでなく、中国語教室もありますので、英語や中国語のスピーチ練習にも便利です。