本文へスキップ

英会話カフェ Cafeliz(カフェリス)は、フランス語、スペイン語、中国語カフェも実施。東京池袋駅から徒歩3分。英語、フランス語、スペイン語、中国語など外国語を話したい方が集うチャットラウンジです。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5927-8179

東京都豊島区南池袋2−24−3 西部ビル4F(池袋駅徒歩3分)

中国語を習得するコツについて

先進国の中で最もGDPが高いのがアメリカですが、近年では中国の経済が著しい発展を見せており、 日中間での貿易もさらに目立つようになってきました。それに伴い、中国語が話せる人材の需要も拡大を見せており、 中国語教室や中国語スクールに通っている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、そんな中国語を学んでいる方向けに、中国語を習得するコツについてご紹介いたします。


バランスを考えて勉強する

これは中国語だけにいえることではありませんが、言語を習得するには「聞く・話す・読む・書く」の4つをバランスよく身につけることが大切になります。 なぜこのバランスが必要なのかというと、読み書きだけができても会話が成り立たない場合が多く、コミュニケーションが困難になるからです。

そして、このポイントをおさえることによって、手や頭で覚えるだけではなく、耳や口を使って覚えることもできます。 効率の良い勉強をしたいなら、手や頭で覚えようとするのではなく、見て、聞いて、話して覚えるようにしましょう。 これを実践するだけでも、頭に入ってくる量が格段に変わってくるのを実感できるでしょう。 もちろん、書くことから始めても、話すことから始めても構いません。スタートは違えど、それぞれのバランスを考えて学習することが大事なのです。



ピンインをしっかりと押さえる

中国語を話そうとした時に問題になるのが、中国語の発音の難しさです。 発音を難しくしている大きな原因は「ピンイン」という日本語では馴染みがない声調にあります。 このピンインをしっかりと押さえないと、中国語の習得はハッキリ言って不可能です。 なぜなら、同じような言葉でも、声調一つ違うだけで全く異なった意味を持つ言葉になるからです。 これをしっかりと区別して使い分けることが、中国語の発音の基礎をおさえるコツだといえます。 そして、声調を上手く聞き分ける、使い分けるには、やはり聞くこと、声に出すことが必要になります。 CDなどを聞いて耳を鍛えるのはもちろんのこと、積極的に話すように心がけましょう。


東京都豊島区南池袋にありますカフェリスでは、中国語のチャットテーブルをご用意しております。 中国語の他にも、英会話を話したい方々が集うチャットラウンジになっておりますので、外国語を通し多くの人との出会いを楽しむこともできます。 スクールでは、マンツーマンのプライベートレッスンと、同じレベルの参加者が2名以上いればグループレッスンも可能です。