本文へスキップ

英会話カフェ Cafeliz(カフェリス)は、フランス語、スペイン語、中国語カフェも実施。東京池袋駅から徒歩3分。英語、フランス語、スペイン語、中国語など外国語を話したい方が集うチャットラウンジです。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5927-8179

東京都豊島区南池袋2−24−3 西部ビル4F(池袋駅徒歩3分)

中国語の種類について

世界一の人口で知られる中国。人口の多さから、使用されている言語としても上位になっています。 そんな中国は、陸地面積も広いので、言語も地域によって異なる部分があります。 中国語を習得するのであれば、中国語の種類について知っておくとよいでしょう。


まずは、標準語です。

公用語として位置付けられています。標準語は、台湾でも公用語とされています。 観光に行かれる際やビジネスで中国語を使用する場合は標準語をおすすめします。



次に北京語です。

多くの方が勘違いされているのですが、北京で使用されている中国語は、中国の標準語ではありません。 北京で使用されている中国語は、北方方言と呼ばれていて、標準語の発音とは異なる面が見られます。



続いて、上海語です。

上海語は、標準語と文法も発音も違うため、会話が全く通じないことがあります。 しかし、大都市の上海で使用されていることもあり、中国語を勉強する人の中には好んで上海語を選ばれる方も少なくありません。



そして、広東語です。

中国の都市として有名な香港では、メディアのほとんどが広東語を使用しています。 広東語をマスターすると標準語や北京語もマスターしやすくなります。

これらは、中国で使用されている言語の一部ですが、中国語の習得で一番難しいところは、発音です。 中国語では、同じ言葉でも音の高低やアクセントの付け方で意味が異なってきます。 発音は、一朝一夕で身につくものではありませんので、どれだけネイティブな発音に接するかがポイントになってきます。


東京の南池袋にあるカフェリスでは、中国語カフェを毎日提供しています。 異文化に触れることができ、ネイティブな発音での会話により、中国語を習得するのにお役立ていただけます。 価格もお安く設定しておりますので、ぜひご利用ください。